学校が原因の場合の対処法

いじめや学業不振が原因の時

いじめが原因であれば、そのまま学校に通わせるのは非常に危険です。いじめの程度や本人の状態にもよりますが、深刻そうであれば子供を守る意味でも学校は休ませたほうが無難です。そして、学校側へいじめの事実を伝えることも忘れてはいけません。学校側がいじめの事実を把握すれば、いじめていた生徒への監視も強くなり、いじめがなくなる可能性もあります。いじめを経験すると心へのダメージも大きいため、心のケアにも努めてあげてください。
学業不振が原因の場合は、一度勉強のことは忘れてリフレッシュさせてあげましょう。学業不振で悩んでいる時は勉強のことで頭がいっぱいになっているので、「人生は勉強だけがすべてではない」ということを伝えてあげると子供はプレッシャーから解放され、楽になるケースもあります。

環境の変化や体調不良が原因の時は?

新学期など環境が大きく変わると、環境の変化に気持ちがついていけず、それが体調不良として表れ学校に行けなくなる子供もいます。症状としては頭痛や腹痛、吐き気など様々です。
このような場合は、時間が解決してくれるケースもあるのでまずは様子を見てみましょう。担任の先生や保健室の先生にも事情を話しておくと、「体調が悪くなっても保健室で休める」という安心感から、学校へ通えるようになることもあります。
ですが症状があまりにも長引くようであれば、心療内科での治療が必要なケースも。うつなど心の病気が原因になっている可能性も否定はできないため、そのような場合は心療内科で適切な治療を受けると、病気の回復とともに学校へ復帰できる確率も高くなります。

フリースクールを東京で始める人が最近、多いです。自分の得意な事や資格を生かして収入を得る事ができます。低予算で自宅で始める人も多いです。